活動理念

08202018

2018年8月20日

活動理念

私達の生活の中で、人間関係-他者とのつながり-はとても重要であると考えます。 今日まで私達が暮らしを営んで来られたのも、周囲の方との会話を通じて様々なことを教わったり、素晴らしい時間を過ごしたりといった、これまで関りを持ってきたヒト・社会・環境と、そこから与えられたエネルギーのお陰ではないでしょうか。勿論、時として失望を味わうこともあります。しかし、他人に無償の愛で何かをして差し上げられる喜びはどなたでも経験をされていることと思います。

マーシーハンディキャップサポート協会は、そんな人間と人間の縁が持つ不思議な力を信じて、出会いの場を提供させていただく団体です。 ハンディキャップをお持ちの方に対し、自分ができることを何かさせていただきたいと思っても、そのような場に出会うことは、意外に少ないものです。しかし、そうした皆さんと知り合ってみると、逆にこちらが与えられることが多いことに気が付きます。

身体や心の不自由な部分は、個人個人の個性です。片足でウインタースポーツを楽しんでいる方や、視覚障がいや片麻痺でゴルフを楽しんでいる方々がことのほか多いことをご存じない方もおいでになることと思います。一方、ハンディキャップをお持ちの方がいつも人にお世話になるばかりといった関係ではなく、障がいのある方も社会貢献をしていくことが重要なことと考えます。

スポーツやレクレーションを通して楽しくワクワクする時間を共有出来て、ある時はハワイのビーチで遊んだり、富士山登頂を目指したりしてお互い励ましあったり、ドロミテのスロープを滑走する…そんな可能性を築き上げられるヒューマンコミュニケーションの発信基地を、私どもは目指しております。

ぜひともご理解いただきご参加していただけることをお待ちしております。

特別なことをするのではなく、障がい者健常者が共に一緒に楽しむ。
それが私達の提唱する「happy & fun」の心です。

2018年9月吉日
マーシーハンディキャップサポート協会
理事長 貫井 省一郎

Shoichiro Nukui