大岩根正隆さんの世界選手権凱旋報告

2019年4月10日

                               

フィンランドで3月末にパラスノーボードの世界選手権が行われました。
 私達がサポートしている大岩根選手今シーズンから日本ナショナルチーム入りして、初めての海外遠征から始まりベストテンを3回果たして世界選手権の参戦資格を得ることが出来ました
 世界選手権では、難コースでのバンクドスラローム9位スノーボードクロス11位の結果でした。

今シーズンの大会は終了しましたが、最も驚くべき点は会社の有給休暇の中での練習と大会参戦という環境、又メルカリで買ったボードに靴での参戦です。
 所謂サラリーマンスノーボーダーなのです。
 ウインタースポーツの選手は最低でも60~70日は雪の上で練習することが常識です。

来シーズンの目標について明確なものが見えました。
 練習時間の確保とボード、靴、ワックスサービスの提供会社の必要性です。
 皆様の周りで障がい者スポーツ対してのご理解者を探していくことです。

どうぞ皆様のパワーをお借りさせていただきたいのです。
 宜しくお願い申し上げます。

大岩根正隆パラスノーボード選手